• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転載。

With animals 
~愛の反対は憎しみではなく、無関心~
 さんからの転載です。

久しぶりの更新ですが、すみません。
今日は簿記のお話や勉強のお話ではありません。
とあるブログからの転載です。
この記事を見たとき、正直とてもビックリしました。
真偽のほどは分かりませんが、テレビでも放送されるようです。
もし本当だとしたら・・・酷く許せない事件だと思います。



-----転載START-----

この夏から友人のchocoさんが、ずっと追ってた里親詐欺犯

切っ掛けは、chocoさんが保護した仔猫の小姫ちゃん でした。
35641933_1166613574s.jpg




足をケガした状態で捨てられた小姫ちゃんは、せっかくchocoさんに

保護されたのに・・・力尽きて、虹の橋に旅立ってしまいました。

(亡骸は証拠のために未だ荼毘に伏せられることなく、冷凍保存されています。)

この里親詐欺犯は、ネットで里親募集されているところから次々と仔猫を譲り受け

リードで繋いで、お散歩と称し外を連れ回し

公園の滑り台を滑らせ、無理矢理リードを引き寄せたり

とても、楽しくお散歩とは言い難い行為をしています。


他にも、猫を連れ回してる動画をたくさんYou Tubeにアップしています。

http://www.youtube.com/watch?v=4CZpAwN5nto&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/user/syunji2933


そして仔猫が大きくなったり、肩に乗せて連れ回せなくなった。
懐かないと可愛くない!

そんな猫たちを次々と公園に捨てたり
ネットで里親募集をして人に譲り渡したり
果ては、踏みつぶして殺したりと、とても猫好きは思えない事を続けています。


里親詐欺犯のブログを全てチェックし、chocoさんが警察に行っても相手にされず

愛護団体は動かない。

仕方なしに、chocoさんは詐欺犯のブログを毎日チェックし

猫の出入りを記録し、捨てたと思われる場所へ毎晩で掛け

時間を掛けて、詐欺犯が捨てた猫たちを保護していました。

そんな時、たまたま私のところへNHKクローズアップ現代の

ディレクターから里親詐欺の情報提供のメールがありました。

渡りに船!!すぐにchocoさんに連絡し、NHKの取材を受けて欲しいと・・・

NHKのディレクターも乗り気になってくれ、大阪に入り取材、詐欺犯の尾行

そして11/8にはchocoさんと一緒に詐欺犯宅へ乗り込み

ヤツの所にいた猫たちを、全部引き上げることに成功しました!

この様子を撮影した番組が放送されます。


12月12日(土曜日)
NHK総合 午後10時~
「追跡!A to Z」
番組HP http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/

こちらで放送されます。



今回の大阪の詐欺事件には、全く警察は動きません。

弁護士の先生のほうでも中々手が出せないような状態です。

ぜひ、みなさんに放送を観ていただき、詐欺犯を目に焼き付けてください。

警察が動かない以上、私たちが詐欺犯を監視するより他に

これ以上の被害を食い止める術はありません。

chocoさんとNHKが乗り込んだ、直後またヤツは新しい猫を家に入れています。

里親募集をしている方は、どうかくれぐれも注意してください。

虐待目的でもなく、ただ仔猫を集めまくる。

こんな里親詐欺もいるんです・・・



私は、不思議でなりません・・・

chocoさんは、個人で保護活動をしている

ごく普通の、おばちゃんです。

何故?一個人がここまでしなければいけないのか?

今の動物愛護管理法では、こいつを裁くことは出来ないのか?


何故?警察は動かないのか?

何故?保健所は飼育指導もしないのか?

しかも、この詐欺犯、無職で生活保護を受けている・・・

猫を何匹も飼い

日中、大阪市内を猛スピードで自転車を乗り回す元気がある人間が

何故?生活保護を受けられるのか?

何故?民生委員は生活状況を確認しに行かないのか?


この件には、NHKだけではなく、chocoさんの身近で助けた

たくさんの人達の協力がありました。

そして何よりも、いつ寝ているのか?

と思うほど頑張ったchocoさんの執念・・・

やっとここまで辿り着きました。

でも・・・この先は、どうしたら良いのか・・・

chocoさんのコメントを掲載します。


ありがとうございます。
そうです・・・
私は、本当に普通のおばちゃんです。

だけど、こいつだけは、許せんかった。

小さな小さな小姫を、こんな目に合わせたことが。。。

そして、調べるたびに出てくる無数の仔猫たちの表情を見て。。。

こいつがあげる動画の中で。。。

嫌がる仔猫の声と映像に虫唾が走りました。

1日に3度のブログ更新を・・・

最初から整理しました。

本当にもっときちんとした、動愛法の改定が待ち望まれます。

皆様もご一読くだされば、ありがたいです。



-----転載END-----
スポンサーサイト

日商簿記とは

22347845_2756401941s.jpg




今日は日商簿記の概要についてお伝えしたいと思います。


日商簿記とは、日本商工会議所の実施する検定試験のことです。
簿記とは、簡単に説明すると、会社のお金を計算する方法の事をいいます。
そのため、世界の殆どの企業が必要とする知識となっています。

取得することにより、就職活動で有利になるほか、以下のような資格試験の範囲も同時に学習できることができます。

・中小企業診断士
・証券アナリスト
・アクチュアリー
・情報処理技術者
・社会保険労務士
・建設業経理士
・公認会計士
・税理士
・USCPA

これほど他資格との関連性のある資格試験は珍しいです。
汎用性については、トップレベルの資格だといえます。
簿記を取得すれば、他の分野にも魅力が出てきて、一層夢が広がることにもなりますよね
また余談ですが、従業員に簿記の取得を要請している企業がとても増えているようです。


日商簿記検定は 4級~1級まであり、合格までの勉強時間は一般的には以下のように言われています。

・4級 約10時間~20時間
・3級 約40時間~50時間
・2級 約400時間~500時間
・1級 約800時間~1200時間

私自身の勉強時間も、大体この範囲内に収まりました。

しかしこれは独学者の平均的な目安であり、予備校に通う方の勉強時間は2割ほど軽減されるようです。


ちなみに、もし予備校での受講を少しでも考えられている方には、クレアールという予備校をオススメします。
クレアールは、要点のみに絞った勉強法を提唱しており、他の予備校に比べテキストが圧倒的に薄く作られています。授業時間も少ないため、授業料もかなり低価格に設定されています。
そのため、社会人で勉強時間の確保が難しい方や、簿記に初めて触れる方々にとっても、非常にとっかかりやすい勉強方法だと思います。

また、クレアールには体験授業というものがあり、無料で何回か講座を受講することができます。
もちろん認められていることなので、3級の授業を全て無料で受講することも可能だと思います。

簿記について更に詳しく知りたい方は、以下のホームページより無料資料請求ができますので、利用されてみることをオススメします。
それによって、より多くの方に夢を持っていただけたらなと思います



理解と暗記

22347845_3587100274s.jpg


今日は、主に簿記2~3級試験に向け独学するにあたっての、勉強方法についてお話したいと思います。

テーマは理解暗記です。


これを呼んでる皆さんも、学生時代に

「数学は覚えるな。理解しろ。」

そう言われた経験はないでしょうか?

私は中学生時代、塾の先生によくそう言われたのを覚えています。
しかし、これって本当にそうなのか?と疑ったことはあるでしょうか。


実はこの理解という物。
ある特定の学習レベルに到達した人のみが、行うことができるのだと私は考えています。


例えば、初めて簿記に触れた人に

「貸借対照表では、 右の数字と左の数字は必ず一致するんだよ。」

このように教えて、その人は全てを理解するでしょうか?
絶対に理解しないでしょう。

そういうものなのだと、暗記をします。

そしてどんどん暗記を繰り返していきます。
とても辛いでしょう。

しかし段々と暗記した量が増えてくると、今度はそのピースたちを組み合わせようとします。
(※仮にこの時の学習レベルをレベル40とします)
この組み合わせている段階を、理解と呼ぶのだと思います。

そして、組み合わせて出来上がった自分の理論に従い、今度は新しい問題に挑戦しようとします。
(※仮にこの時の学習レベルをレベル50とします)
なぜこのように新しい問題に挑戦しようとするのかというと、それまで面白くもなかった暗記から、自分で考えることのできる理解に変わり、その理論が正しかったのかを確認しようとするからです。



さあ、ここで独学者たちの前に、第一関門が現れます

こと簿記に関しては、必ずと言って良いほど、初見で問題が解けません。
なぜならレベル50では全然足りないからです。
※私自身も一度失敗しました。


そもそも、暗記でレベル40までもっていき、そこから理論展開してレベルを上げたところで、レベル50にしかなりません。
最初からレベル80まで暗記し、最後に理解してレベル100にすれば、無駄な理論構築をカットすることができます。


しかし言葉では簡単に言えても、自分が今どのレベルにいるのかを知ることは難しいです。
自分がどこにいるのか、自分で判断しなければならないのが、独学者にとっての第二関門となります。

そこで自らのレベルの確認手段として過去問が有効です。
私の経験上、簿記2~3級は暗記が9割以上を占めていると思うので、出来ない時は暗記が足りないとみてまず間違いないでしょう。



今日は勉強法について少しだけ細かくお話してみました。
難しい話になってしまったので、次回は明るい勉強法についてお話したいと思います

お疲れ様でした。

22347845_2471094966s.jpg



さきほど試験が終了しました。

おそらく合格しました


試験問題を見た瞬間、受かったと思いました。
それくらい、今回の試験は簡単でした。
会計学で1問見たことのない問題が出たのと、原価計算で捨てていた問題が出てしまい点数を落としてしまいました。

自己採点で80点。

(内訳)
商業簿記 20点
会計学 18点
工業簿記 25点
原価計算 17点

70点で合格なので、たぶん合格してます。


この勉強だけに専念していた2週間、コメントや拍手を頂いた方々、本当にありがとうございました。
すごく自分の励みになり、実力以上の力を出すことができたのは、皆さんのおかげだと思ってます。
この2週間がなければ、落ちていたと思います・・・。

しかしこれで、日商簿記1級は私のような人間でも、独学で合格できるのだということが分かりました


さて、今後は予定通り、12月からTACにて公認会計士講座を受講します。
簿記知識にまだ漏れがあると思うので、初学者コースから受講しようと思います。

初めのうちは知っていることばかりだと予想できるので、必要だと思う授業のみ出席し、他はアルバイトに時間をかけようと思ってます。

といっても半年間勉強をしないわけではなく、簿記の知識を忘れないために独学も続けます。
目指すは、「全経上級」「税理士-簿記論・財務諸表論」の取得!

全経上級は日商簿記1級と同レベルの試験と言われており、来年2月に試験があります。
税理士試験は来年8月に実施されます。
新たな目標の設定の対象としては、レベル的にも期間的にもちょうど良いです。


さて、今回の試験については後々少しずつ書くことができたらと思います。
そして今から、TAC会計士講座の体験授業を受けてきます
独学と比較した上でのメリットとデメリットを把握できればと思ってます。

一時更新停止のお知らせ

22347845_4020389840s.jpg



本日より3週間、本試験に向け勉強に全力を注ぐため、一時的に更新を停止します。
更新再開は11月14日の試験終了後を予定しています。

コメントや拍手を書いて頂いた皆様、しばらくの間修行に行ってきます
また更新しますので、その時はまたよろしくお願いします^^

勉強の方針

22347845_349649959s.jpg



独学の勉強において、一番の敵は自分自身です。
「この勉強方法で合っているのか?」
「面倒くさい」
といった誘惑や疑念が多いからです。

これを克服する方法が、前回の記事で書いたことでした。
現時点での能力と、ゴールで必要とされる能力を見定めることが、勉強する上での幹となると思います。
これは、簿記2級試験を例に挙げて説明します。

簿記2級試験では、テキスト2冊の中に全範囲が集約されていました。
そしてテキスト2冊を合わせると、合計で全55章から成っていました。
さらに私が勉強を始めたのは、本試験日の120日前でしたので、二日で2章を100%理解して進めれば、合格する計算です。
残った10日を過去問に充てればちょうど120日です。

そうすると、1日目にインプット、2日目にアウトプット。
という形で進めていく必要があります。
1章を読み終えるのに約2時間かかるので、1日2~3時間勉強しました。
逆に言えば、1日でもこれを崩してしまうと、過去問の期間はおろか基本の学習が終わらずに試験を迎えます。
過去問ができないため、これでは落ちます。

このように、今日から試験日までを直線で結んでやると、いつまでに何をしなければならないのかが明確になると思います。

それから、私の場合は勉強はほとんどが電車の中です。
というのも、大学の卒論に追われほぼ毎日学校に通っているためです。(往復4時間かかります)
何もしていないと、つい時間を無駄に使ってしまいます。
しかし忙しければ、時間を有効利用しようとするため、とても集中できるのではないでしょうか。

直接原価計算・CVP分析

22347845_516773996s.jpg



前回書きましたとおり、丸一日遊びきってきました

若干の出費がありましたが、おかげで今日はかなり集中して勉強することができました。
さらに、見えなかったゴールもようやく見えてきました。


今日は直接原価計算・CVP分析を学習しました。
好きな単元なので基本は全てマスターしましたが、それでも本試験レベルの60%ほどしか身についていないようです。


現時点での理解度は、
商業簿記・会計学=70%
工業簿記・原価計算=40%
おそらく工業簿記・原価計算の方がまとまった点数を得やすいため、ここからかなりのハイペースで反復演習が必要となります。

目標は90%とします。
商会・工原を総合して70%獲得できれば合格という試験ですが、商会はテキストに載っていない問題が出るため、工原で高得点をとる必要があるためです。
90%という数値を見てがく然としましたが、実はチャンスでもあります。

このように現時点での能力と、ゴール地点で必要とされる能力の両方を把握することにより、現時点で足りないポイントが浮き彫りになるのです。
あとはそこを覚えれば合格しますから、自分の気力が足りれば受かるということになります。

私はこの分析について、非常に意味のあることだと考えています。
長くなってしまうため、続きは次回書かせて下さい。

これからも、現在勉強される方々と一緒に、私も頑張っていきたいと考えてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。